CSR活動について

CSR 活動について

地域社会への取組
人権・労働・環境
コンプライアンス

私たちのCSR への取組について一人一人の成長が社会貢献へとつながると考えています。

一人一人の成長が社会貢献へとつながると考えています。

錦城護謨におけるCSRとは、経営理念の「我社の信条」にありますように「社会の要求するものを作り、提供する」という企業活動を通して社会に貢献していくことが重要と考えており、そのためには、まずこの事を実現する人づくりです。人づくりとは、ルールを作って守らせるという事ではなく、自らが考え、正しい選択を取れるようになる事であります。又、経営理念の中に" 素直・謙虚・情熱・勇気"4つの心というものを掲げています。これを同時に持つような人であって欲しいというものであります。一人一人がそれを持つ事ができるようになる事(一人一人の成長)が社会貢献へとつながっていくと考えています。
CSR活動をより積極的に推進するため、2010 年に国連グローバル・コンパクトに署名致しました、10原則を支持し、少しでも社会貢献ができる様に日々改善を続けていきます。

代表取締役社長
太田泰造

国連グローバル・コンパクトとは

国連グローバル・コンパクト(UNGC)は、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに参加する自発的な取り組みです。
UNGC に署名する企業・団体は、人権の保護、不当な労働の排除、環境への対応、そして腐敗の防止に関わる10 の原則に賛同する企業トップ自らのコミットメントのもとに、その実現に向けて努力を継続しています。


国連グローバル・コンパクトの10 原則

人 権
原則 1企業はその影響の及ぶ範囲内で国際的に宣言されている人権の擁護を支持し、尊重する。
原則 2人権侵害に加担しない。
労 働
原則 3組合結成の自由と団体交渉の権利を実効あるものにする。
原則 4あらゆる形態の強制労働を排除する。
原則 5 児童労働を実効的に廃止する。
原則 6 雇用と職業に関する差別を撤廃する。
環 境
原則 8 環境に関 して一層の責任を担うためのイニシアティブをとる。
原則 9 環境にやさしい技術の開発と普及を促進する
腐敗防止
原則10 強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む。
ページのトップへもどる