継杭打設工法 | 高さ制限ドレーン工法,継杭打設工法|錦城護謨株式会社

継杭打設工法
高さ制限に対応するプラスチックボードドレーン工法

工法概要

高圧線下や空港付近の航空制限下など、高さ制限のある現場に有効な工法です。
専用タワーと専用ケーシングを使用して、ケーシングを継足しながらドレーン材を打込みます。


航空制限のある現場


高圧線下の現場



施工手順

①ケーシング(1本目) 打込み②ケーシング接続及びケーシング(2 本目) 打込み③ケーシング(2 本目) 引抜き及びケーシング分離④ケーシング(1本目) 引抜き及び機械移動
※現場条件( 高さ制限、打設深度)により継足し本数は任意に設定可能です。

関連リンク

本工法の実績はこちら

関連リンク

● NCBドレーン協会

 

ページのトップへもどる