CSドレーン工法 | 共上がり,共上り,ドレーン|錦城護謨株式会社

CSドレーン工法
被感知材付ドレーンを用いた施工管理システム

工法概要

ドレーン材に被感知材を、ケーシング先端に感知器をそれぞれ内蔵させ、独自の施工管理システムを用いたプラスチックボードドレーン工法です。


従来工法ではドレーン材の地中残置深度を直接地中で計測することができませんでしたが、このシステムを使用することで地中でのドレーン材の打ち込み状況を的確に検知・把握することが可能になります。

システム構成図

ドレーン材の地中残置深度やドレーン材繰り出し量は施工管理装置によって記録紙に即時記録され、施工管理が容易に行えます。

 

※オシログラフ、油圧値等をデジタル化した新型記録計
ご用意しています。


施工実績

本工法の実績はこちら

関連リンク

● CSドレーン工法研究会

 

ページのトップへもどる