環境配慮型ドレーン
キャッスルボードエコK・エコR

環境配慮型ドレーンとは

持続可能な社会を構築するために、『低炭素社会』・『循環型社会』・『自然との共生』など環境側面への様々な配慮が求められています。錦城の環境配慮型ドレーン材では『二酸化炭素の削減』・『自然エネルギーの活用』としてキャッスルボードエコK、そして『廃棄物削減』・『資源の有効利用』としてキャッスルボードエコR を開発し、環境負荷低減に取り組んでいます。

キャッスルボードエコK(資源米樹脂( 廃棄米) を利用したバイオマスドレーン材)

製品概要

当社ではプラスチックボードドレーンとして、石油系樹脂を使用した「キャッスルボード」を開発し、製造・施工の実績を積み上げてきました。
キャッスルボードエコK は、キャッスルボードの仕様をもとに、芯材に非食用の資源米(消費期限を過ぎたお米)を活用し配合したバイオマスプラスチック(天然由来樹脂)を使用した製品です。

 特許番号  第5289909 号
 NETIS 登録番号  CG-120008-A
 バイオマスマーク  070052
 大阪府環境技術評価・普及事業  技術評価取得(平成20 年)


資源米とは

原料としての資源米
従来のプラスチックの原料である石油には限りがあるのに対し、バイオマス原料である資源米は、植物を原料としており、使用後は分解・燃焼で放出される二酸化炭素などが、新たな植物の生育に使われるため、持続的循環型材料とされています。

 ※資源米とは非常用に備蓄されたお米のうち、消費期限を超過したた
  め、食用・家畜飼料にできず焼却処分されるものを使用しています。

材料仕様と特徴

特徴
● 従来品と同じ形状で、変わらない排水性能
● 石油資源消費量の削減
● 二酸化炭素の排出量削減
● 資源米の有効利用
● 圧密完了後の強度低下(後工事に有利)

特徴

項目 単位 CB-M 型
材質芯体 -資源米樹脂(バイオマス樹脂)
フィルター -ポリエステル系合成繊維
寸法厚さmm3.6±0.5
mm94±2
透水係数垂直方向m/sec1×10-2
水平方向m/sec1×10-4
引張強度 製品幅kN2.0 以上


ドレーン材としての性能

●打設方法、施工管理は従来品と同じです。
 ※既存の打設機で施工できます。
●CS 工法、PDF 工法などの他工法との併用が可能です。
●排水性能も従来品と変わらないことを確認しています。



 

ページのトップへもどる


キャッスルボードエコR(再生樹脂材料を利用した再生ドレーン材)

製品概要

エコマーク 地球にやさしいプラスチック中に再生材料90%以上使用キャッスルボードエコR は、キャッスルボードの芯体部分に他用途で使用されていた製品を回収し、リサイクル加工をした再生材料を使用しています。
この再生材料の活用は、廃棄物の削減、二酸化炭素排出量の削減などの効果があります。

 ※キャッスルボードエコR は公益財団法人日本環境協会の審査を受け、認定されたエコマーク登録商品です

特徴と標準仕様

特徴
●製品の90% 以上(芯体100%)に再生材料を使用
●廃棄物の削減
●二酸化炭素の排出量を削減
●排水性能は従来品と同等
●施工機械、管理は従来品と同じで、既存の機械が使用可能

標準仕様

項目 単位 CB-M 型
材質芯体 -ポリオレフィン樹脂再生材料
フィルター -ポリエステル系合成繊維
寸法厚さmm3.6±0.5
mm94±2
透水係数垂直方向m/sec1×10の-2乗
水平方向m/sec1×10の-4乗
引張強度 製品幅kN 2.5 以上


 

ページのトップへもどる